おすすめの日本酒、石川のきれいな水で作られた「天狗舞」を紹介します

日本酒
この記事は約5分で読めます。
ふくちゃん
ふくちゃん

おすすめの日本酒を紹介します。

特に日本酒をあまり好きではない人に飲んでもらいたい商品です。

これまでの日本酒との違いを体感し欲しいです。

商品紹介

おすすめの日本酒を紹介いたします。

おすすめの日本酒は株式会社車多酒造の「天狗舞 山廃純米大吟醸」です。かなり贅沢な日本酒で、本物の日本酒の味わいが堪能できると思います。

あとで説明していきますが、山廃、純米、大吟醸、石川の水に秘密があります。

大きさが1800mLと720mLの2種類あります。

山廃とは

山廃についてご説明いたします。

山廃は山卸し廃止の略です。山卸しをしていないという意味です。

山卸しというのは、お米をすり潰す作業です。昔、日本酒を製造するときに、山卸しを必ず行っていました。

山卸しをしないと、お米の糖分がアルコールに分解しないと言われていたからです。

しかし、山卸しをしなくても、自然とお米の糖分はアルコールに分解するので、このことが分かってから山卸し廃止=山廃造りの日本酒が出回るようになりました。

あまり詳しくはかけませんが、自然に分解したほうが、自然の甘みが出やすいことから、味わいが良くなり高級という扱いになっております。

デメリットとして、アルコールの分解速度が遅いことから、手間はかからないけど時間がかかることがあります。これもあって、お値段が高めに設定されている物が多いです。

純米とは

純米という名前がつくものは、アルコールが100%お米の糖分が分解されたものが入っています。

純米が付かないものは、醸造酒という酒蔵企業秘密の食用エタノールが入っています。この食用エタノールは、基本的に安く作ることが目的なので、雑味があります。なので、純米と付く方が美味しくなります。

大吟醸とは

大吟醸とは、お米の精米率が高いことを差します。お米は、大きく分類すると中心が糖分で外側が脂質や炭水化物です。日本酒に必要なのは、糖分なので、より糖分が多いお米を使って作った方がより雑味が少なくなります。

精米歩合という、どのくらい精米しているかを示す指標がありますが、酒蔵によってまちまちな部分があります。同じ酒蔵で比較する分には、大吟醸か吟醸かという名前を見る方が良いと思います。

お米を多く使用するため、原料コストが上がるので、値段が高くなる傾向があります。

漫画、美味しんぼで紹介された日本酒です。

天狗舞はグルメ漫画「美味しんぼ」で紹介されたお酒です。

生牡蠣に合うお酒として有名料理人がワインを紹介している中、主人公が生牡蠣には日本酒が一番合うと言って、紹介されたのが、天狗舞山廃純米大吟醸です。

生牡蠣を食べた後に、飲むと臭みが消えると言われていました。←試してみましたが、口の中がすっきりして、いくらでも食べれる感じになりました。

生牡蠣だけでなくお刺身料理にも合うお酒として、いかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました