GASのプロジェクト画面でコード名の左の赤いアスタリスクについて

GAS
GAS
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
ふくちゃん
ふくちゃん

GAS初心者を対象にしています。

プロジェクト画面でコード名左側に表示される赤いアスタリスクの意味を紹介しています。

スポンサーリンク

赤いアスタリスクとは?

GASでコーディングしていると、コード名に左側に赤いアスタリスクを付くときがあると思います。

スポンサーリンク

赤いアスタリスクの意味

初めは何か変な印が付いている、と戸惑うことがあると思いますので、赤いアスタリスクの意味を紹介したいと思います。

赤いアスタリスクは編集中を表しています。コードが編集されたときに表示されます。保存すると消えます。

赤いアスタリスクが付いていると保存していないということなので、適宜保存しましょう。

スポンサーリンク

最後に

GASのプロジェクト画面のコード名の左側にたびたび表示される赤いアスタリスクについて紹介しました。

赤いアスタリスクが表示されているということは、編集中で保存されていない箇所があるということになります。

特に休憩や終了する前、実行やデバックの前に、必ず保存するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました