りんごの正しい保存方法とは?普通に置いとくと腐敗が促進されます。

化学
この記事は約3分で読めます。
ふくちゃん
ふくちゃん

リンゴを良く購入する家庭を対象にしています。

この記事を読み終えると、りんごの正しい保存方法がわかります。

スポンサーリンク

りんごの保存方法

いつも果物の保存はいつもどうしていますか?

冷蔵庫にいれたり、食卓に置いたり、種類によってさまざまだと思います。

くだものは保存方法によって賞味期限が短くなることがあります。

特に気を付けなければいけないのが「りんご」です。

リンゴは、正しく保存しないと、近くに置かれたほかの食べ物が早く腐らせてしまうことがあります。

これから、そんなリンゴの保存方法について説明していきますので、正しい保存方法を知らない方は、最後まで読んでみてください!

正しいリンゴの保存方法を学びましょう!

リンゴから腐敗ガスが出ている!

りんごは普通に置いとくだけで自然に“エチレン”という腐敗ガスが発生します。

そして、このガスは近くの食べ物の熟度を促進させる働きがあります。

言い方を変えると、腐食が促進されてしまう、ということになります。

りんごでバナナの熟度が調整されている

有名な話ですが、バナナはフィリピンなどの東南アジアから輸送の際にリンゴで熟度が調整されているようです。

そのため、バナナの箱にはリンゴから発生したエチレンが通る大きな通気口が開いています。

バナナは若いうちに収穫され、輸送中に適度な熟度に調整されています。

熟度を促進させたいときは、リンゴと一緒に保存しておく方法が用いられています。

正しい保存方法とは?

リンゴの正しい保存方法を紹介します。

リンゴは常にエチレンという腐敗ガスが発生しています。

そのガスを周辺にまき散らさないために、ビニール袋にいれて保管するのがベターになります。

風通しの良いほかの場所で保管するのもいいでしょう。

熟度を早く促進したい果物がある場合は、同じビニールに入れるとよいと思います。

促進を微調整したいときは、周辺においとくのがいいでしょう。

ガスを利用して熟度を調整するんですね!

正しい置き方とは?

エチレンガスはリンゴの置き方でも変わります。

リンゴを逆さまに置いた時にエチレンガスが最も多く発生するといわれています。

その理由は、リンゴの水分のバランスが影響しているようです。

育った時の状態(木になっているとき)が一番安定している、ということです。

スポンサーリンク

りんごの正しい保存方法とは?普通に置いとくと腐敗が促進されます。のまとめ

リンゴを使って、食べ物がおいしく食べられるように、熟度を調整することができます。

この記事に書いていることを理解することで、より快適に生活することができるようになると思います。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました