ダイソン掃除機でフローリングが傷つく原因と対策!タイヤの寿命を延ばそう

節約術
節約術
この記事は約5分で読めます。
ふくちゃん
ふくちゃん

ダイソンの掃除機でフローリングが傷ついた経験がある人を対象にしています。

この記事を読み終わると、フローリングが傷つく原因が詳しくわかります。

重要なタイヤの寿命を延ばす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

本記事の内容をざっくり紹介します!

初めに本記事の内容をざっくり紹介したいと思います。この節は、読者にとってこの記事が必要かどうか判断してもらうことを目的としています。読み進める前にご確認していただければと思います。

先日ブログでダイソン掃除機でフローリングが傷つく原因と対策を紹介しました。この記事にはダイソン掃除機でフローリングに傷ができる原因と対策方法が紹介されています。

上記の記事では、ダイソンの掃除機でフローリングに傷ができる原因はヘッドに付いているタイヤの摩耗と説明されています。タイヤの購入方法や交換方法まで紹介しています。

最近気が付いたのですが、そのほかにも大切なことがあります。繰り返しになりますが、傷をつけないためには、タイヤを摩耗させないことが大切になります。タイヤを摩耗する原因がわかったので、詳しく紹介したいと思います。

あることに気を遣うだけで、最後までフローリングを傷つけずにダイソンの掃除機を使い続けることも可能になります。読者のみなさんが、気持ちよくダイソンの掃除機を使い続けることができるように、大切なポイントをわかりやすくまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

タイヤの寿命を延ばそう!

ダイソンの掃除機でフローリングに傷ができる原因は、タイヤの摩耗と説明してきました。使い続けることでどうしてもタイヤが少しずつ摩耗してしまいます。

摩耗は防ぐことができませんが、延命することができます。タイヤが摩耗する原因がわかれば、タイヤの摩耗を延命することができます。それでは、タイヤが摩耗する主要な原因について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

タイヤが摩耗する主要な原因を学ぼう

タイヤが摩耗する主要な原因を紹介したいと思います。初めに伝えておきますが、主要な原因は汚れです。タイヤが汚れると摩耗を加速させてしまいます。

ダイソンのヘッド裏を見ると、タイヤが複数付いているのが見えると思います。それぞれのタイヤの汚れ具合が関係していますので、順を追って説明していきます。

4つのタイヤは違う速度で摩耗している

機種によるかもしれませんが、私が所持しているV6では四隅にタイヤが4つ付いています。長期間使い続けると、タイヤが摩耗していることがありますが、4つの摩耗ぐあいを観察してみてください。

前輪の摩耗が激しかったり、一方では後輪の摩耗が激しかったりすると思います。最初は同じだったはずなのに、なぜ4つのタイヤに摩耗する速度が異なることがあるのでしょうか?

4つのタイヤが摩耗する速度が異なる原因

4つのタイヤが摩耗する速度が異なる原因について説明します。

4つのタイヤは同じように使われていたはずなのに、摩耗する速度が異なるなんてなんだか不思議だと思いませんか?

4つのタイヤが摩耗する速度が異なるのには、ちゃんと原因があります。その原因は、タイヤの汚れに関係しています。

使用環境にもよりますが、ごみは前方にあることが多いため、前輪が先に汚れていきます。そのため、前輪が先に消耗することが多いと思います。言い換えれば、前輪が先に消耗するのは、後輪より先に汚れるからということになります。

上記のことが4つのタイヤ摩耗の速度が異なる原因になります。

なぜ汚れると摩耗するのでしょうか?

回転しにくいタイヤから摩耗していく

タイヤが汚れていると、タイヤに負荷がかかってしまうため、回転しずらくなります。やがて回ったり回らなかったりを繰り返します。回っていない時があると、一気に摩耗が進んでしまいます。(詳しくは説明しませんが、摩擦熱が関係しています)

4つのタイヤの中で、もっとも回りにくくなったタイヤが一番早く摩耗します。

タイヤを延命するためには、回らない状態を避けることが重要です。

それでは、タイヤが回らなくなる原因について見ていきましょう。

タイヤが回らなくなる原因

タイヤが回らなくなると、一気に摩耗が進んでしまうことが分かったと思います。

それでは、どうしてタイヤがまわらなくなるのかについて説明します。

初めに紹介しましたが、タイヤが回らなくなる原因のほとんどが汚れです。

タイヤは一本のシャフトによって支えられています。このシャフトは爪で両端が固定されているため、回りません。タイヤだけが回転する構造になっています。

勘が鋭い人はもう気が付いているかもしれませんが、タイヤとシャフトの間に隙間がないと回転できません。タイヤとシャフトの隙間に汚れが堆積していくと、タイヤが回転しずらくなります。

あるところまで汚れが堆積すると、やがてタイヤは回転しなくなる、というメカニズムです。

スポンサーリンク

定期的にタイヤを掃除することが大切

タイヤとシャフトの間の隙間に汚れが堆積していくと、やがて回転しなくなることが分かったと思います。

タイヤを回転させるためには、定期的な掃除が大切になります。

掃除のやり方は、タイヤを外して汚れを取り除くだけです。タイヤを外すことによって、絡まったゴミを簡単にきれいに取り除くことができます。

スポンサーリンク

タイヤの外し方

それでは、タイヤの外し方について紹介します。

私の場合は、百均で購入した精密ドライバー(マイナスドライバー)を軸の下に差し込んで、下の写真のようにテコの原理で外しています。

詳しくは下記のページの「タイヤの交換方法」に掲載されています。

一か所だけ簡単に外れないタイヤがあります。詳しくは下記の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

正しい方法で使うことでダイソンの掃除機を長持ちさせることができます。

気持ちよく使っていくために掃除をしっかり行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました