作り方でチョコレートの美味しさが変わる!その理由を説明します!

化学
この記事は約3分で読めます。
フクちゃん
フクちゃん

チョコ好きな人やチョコ作りをする人を対象にしています。

この記事を読み終わると、美味しいチョコレートの作り方が理解できます!

作り方でチョコレートの美味しさが変わる!その理由を説明します!

スポンサーリンク

美味しいチョコレートとは?

チョコレートが好きで、おやつに食べる人も多いと思います。

美味しいチョコレートとはなんでしょうか。

人によって個人差がありますが、甘さやカカオの味でしょうか。

しかし、だれにでも共通する美味しいチョコレートの条件があります。

美味しいチョコレートの条件の一つには、くちどけがあるのではないでしょうか。

口に入れた時に、トローっと溶けて口の中に広がるチョコレートは、とても美味しいチョコレートだと思います。

少し難しい話にはなりますが、舌には味覚を感じる細胞が数多く存在するので、その細胞に触れることで、美味しさを感じているようです。

なので、口の中に広がることで、より美味しく感じられるようです。

それでは、どうやってくちどけの良い美味しいチョコレートが作られているのでしょうか?

高級なカカオを使っているわけではありません!

スポンサーリンク

くちどけが変化する理由

くちどけの良いチョコレートができる理由を説明していきます。

結論を先に言ってしまいますが、チョコレートは、固め方によってくちどけが変わります。

経験がある方も多いと思いますが、特に夏場の暑い時期に、外に放置されたチョコレートが、溶けてしまうことがあると思います。

そのチョコレートを冷蔵庫で再び冷やして食べようとすると、硬くなったり、ベチャベチャになったりして、美味しさが失われてしまうことがあります。

それではなぜ、同じチョコレートなのに、くちどけが変わってしまうのでしょうか。

同じ材料なのに不思議ですね。

スポンサーリンク

大切なのは冷やし方

チョコレートのくちどけが変わる理由を説明していきます。

またまた結論を先に言いますが、冷やす速度が関係しています。

チョコレートを冷やす時に、ゆっくり冷やすと硬くなり、早く冷やすと柔らかくなります。

これはなぜかというと、ここからは、化学の話になるので、少し難しくなるので覚えなくて良いですが、簡単に説明すると、チョコレート分子のプラスとマイナスが出会った数によって硬さが変わるからです。

このプラスとマイナスの力はとても弱いので、温めるだけで、離れます。

そのため、一度温めると、リセットされた状態になります。

固まるまでの過程で、ある温度以下から繋がり始めるのですので、その温度に到達してから経過する時間が長ければ長いほど、たくさん繋がりやすくなります。

プラスとマイナスの力は弱いですが、たくさん集まったら強くなります。

そのため、溶けにくいチョコレートになります。

なので、高級なチョコレートは、この温度管理をしっかり行われているため、ほどよいくちどけが実現されているのです。

スポンサーリンク

まとめ

美味しいチョコレートの作り方が理解できたと思います。

冷やし方でくちどけが変わる理由を知っていれば、すぐに美味しいチョコレートを作ることができるようになります。

チョコレートを作るときに、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました