正しい塩分の取りかたとは?賢い減塩のしかたを教えます!

美容と健康
この記事は約4分で読めます。
フクちゃん
フクちゃん

特に血圧が高い方や上昇傾向にある人におすすめの内容です。この記事を読み終わると上手な塩分の摂取方法がわかります。

スポンサーリンク

塩分の摂取について

私たちは、1年を通じて、食事から塩分を摂取しています。

それぞれ、味付けに好みがあり、家庭や人によって塩分の摂取量が異なると思います。

味付けが濃いのが好きな人も少なくないと思いますが、一日に必要な塩分量は1.5gと言われています。

日本人の食生活を考慮すると、この数値は現実的ではなく、日本人1日の摂取量は平均で9.7gもあるようです。

このことから、日本人は過剰な塩分を摂取していることがわかります。

少しでも塩分を減らすために、これから正しい塩分の摂取方法と減塩のしかたについて説明していきますので、参考にしてみてください。

正しく摂取して行きましょう!

季節によって変わる

味付け(塩分摂取量)はいつも同じですか?

実は、季節によって適切な塩分の摂取量は異なります。

そのため、意識して摂取量を調整していく必要があります。

塩分を普通に摂取して良い季節は夏です。逆に摂取を控える必要が季節は冬になります。

これからその理由を説明します。

夏こそ塩分が必要

夏はたくさん汗をかくので、塩分を不足すると熱中症になってしまいます。

そのため、食事から適切な塩分を摂取することは、大切になります。

不足している場合は、塩飴で補給し、調整するのが好ましいです。

冬は減塩が必要

冬はその逆で、塩分を普通に摂取してしまうと、過剰になります。

その結果、血圧が上がるなど、体調が悪くなる傾向があります。

冬は入浴中の突然死など、血圧が原因で死亡するケースが多発します。

そのため、塩分の摂取を減らす努力をする必要があります。

スポンサーリンク

賢い塩分の減らし方

口の中には味覚を感じる細胞が沢山あります。

この細胞に触れることで、塩分などの味を感じるようです。

そのため、材料の表面の味を最も強く感じるようです。

塩分を食べる直前に、表面だけに付けるのが、最も少ない量で味覚に伝えることができます。

あまりかき混ぜずに、表面にだけ付けることで、満足感が上がるようです。

お刺身やお寿司を食べる時は、食べる直前に表面だけにお醤油を付けますよね。

これ、理にかなった食べ方なんです。

さすが日本の伝統料理ですね。

スポンサーリンク

塩分を減らす究極の方法

さらに塩分を減らせる方法があります。

これは、究極のやり方になりますが、霧吹きを使うことです

さらに薄く広がり、より少ない塩分で効率よく味覚を刺激することができます。

冬の時期はこの方法をおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめの味付け

サラダを食べるときに何をかけますか?

ドレッシングやマヨネーズがかけることが多いと思います。

おすすめの食べ方がありますので、紹介します。

それは、バルサミコ酢とオリーブオイルです。

バルサミコ酢には少量の塩分が含まれていますので、ほど良い味付けになります。

バルサミコ酢 - Wikipedia

さらにオリーブオイルがあれば、満足感がでます。

同時に良質な油を摂取することができれば、より効果が上がります。

スポンサーリンク

まとめ

季節によって塩分量を調節する必要があります。

冬は体調に影響が出やすくなりますので、注意しましょう。

自分の血圧を把握し、上がるときの傾向を掴むことができれば、不測の事態を避けることができるようになります。

最近では、スマートウォッチでも体調を管理することができるようになりましたので、併用することで、相乗効果が上がります。

興味がある方は、試してみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました