最大限に省エネや電気代節約するためにLED交換前に確認すること

節約術
節約術
この記事は約3分で読めます。
ふくちゃん
ふくちゃん

LEDに交換する予定がある人を対象にしています。

この記事を読み終わると、交換前に確認しておくことがわかります。

失敗する前に確認しておくことをおすすめします!

スポンサーリンク

LED交換前確認すること

LEDを購入する前に確認することがいくつかあります。

よくある失敗例

ちゃんと交換前に確認をしなかったら、せっかく購入したのに、即交換なんてことが起こる可能性があります。

前よりも暗くなってしまった

こっちは口金の大きさが合わないよ

そうなる前に、必要事項を確認しておきましょう!

無駄なコストをかけると、省エネできる費用がどんどん減ってしまいます。

そうならないためにも、最低限の必要な項目を確認しておきましょう。

ひとつずつ丁寧に解説していきますので、最後までご確認ください。

口金直径

口金直径とは電球のソケット(根元)のサイズのことです。

口金は“E26”が一般的です。その次によく使われているものが“E17”です。それ以外にもE14などがありますので、現在付いている電球の口金直径をものさしなどで測定して確認して、把握しておきましょう!

必ず外してから測定してください。点灯後は熱いのでやけどにご注意ください!!

電球がない場合は、照明器具のソケットの内径をがんばって測定しましょう!

ソケットの内径を測定するときは、通常ノギスが使われます。

100均にも売っているので、準備しておきましょう!

明るさ

せっかく交換したのに明るさが足りない、なんてことがないように明るさも確認しましょう。

交換前の電球のワット数を確認して、下記の対応表に該当するルーメンの値を参考にしてください。

LEDにはルーメン(lm)が記載されていますが、前の電球が残っている場合はワット(W)から確認するのが良いです

ワット(W)ルーメン(lm)
25 W300 lm
40 W660 lm
50 W900 lm
60 W1000 lm
100 W2100 lm

前の電球のワット数がわからない場合は次の表が目安になります。

場所若年層高齢者
トイレ、浴室450 lm500 lm
玄関、台所2500 lm2800 lm
4.5畳2500 lm2800 lm
6畳3200 lm3500 lm
8畳3800 lm4200 lm
12畳5000 lm5500 lm
14畳5600 lm6200 lm
スポンサーリンク

まとめ

これまでの電球と明るさの単位が異なるので、多少わかりにくいと思います。ルーメンという単位に慣れていないと、難しく感じるかもしれません。

しかし、LEDを有効利用すると、電気代を節約することができます。

多少初期投資がかかりますが、長い目で見ると必ず得できると思います。興味がある方は、早めに交換することをおすすめします。

スポンサーリンク

おまけ

こちらも合わせて確認することで、効率よく節約できる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました