ダイエット中にお腹いっぱい食べても大丈夫な食材とは?おすすめ9選

美容と健康
この記事は約11分で読めます。
ふくちゃん
ふくちゃん
  • ダイエットをしている人やこれからダイエットをする予定がある人を対象にしています。
  • この記事を読み終わると、お腹いっぱい食べても良い食材とその調理方法がわかります。

本ブログではダイエットしている人を応援しています。

ダイエットしている人が成功するための手助けができたらと思っています。

健康的に体脂肪を落とす方法はこちらで詳しく紹介しています↓

ダイエット中はいろんな制限があってストレスがたまることがあると思います。

そこで、お腹いっぱい食べても大丈夫な食材と調理方法をまとめましたので、お腹いっぱい食べてもらいたいと思います。

ふくちゃん
ふくちゃん

お腹いっぱい食べてストレス発散しましょう

スポンサーリンク

ダイエット中にお腹いっぱい食べても大丈夫な食材とは?

ダイエット中でもお腹いっぱい食べても大丈夫な食材がいくつかあります。

どれもカロリーは控えめですが、満足感は得られると思います。

それでは、ダイエット中にお腹いっぱい食べても大丈夫な食材を紹介します。

鶏むね肉、ささみ肉

ダイエットの定番ですが、鶏むね肉やささみには豊富なタンパク質が含まれています。

脂身が少ないのでパサパサしている印象がありますが、調理方法によってはパサパサ感を抑えることができます。

おすすめの調理方法を紹介します。

< 鶏ハムの作り方 >

  1. 塩と砂糖を適量鶏むね肉またはささみにすりこみます。
  2. 下味をつけたら鶏肉をサランラップで包んでからジップロックに入れます。
  3. 沸騰したお湯を炊飯ジャーに入れて、その中にジップロックごと鶏肉を入れます。
  4. あとは保温を押してじっくり火を通していきます。
  5. 1時間~1時間30分ほど放置します。
  6. 炊飯ジャーから鶏肉を出して常温で冷まします。

これで美味しい鶏ハムの出来上がりです。

レバー

その中でもおすすめなのが「豚レバー」です。豚レバーは鉄分が豊富に含まれているのでダイエット中の人には最適な食材です。

おすすめの食べ方はレバニラ炒めです。

おすすめの調理方法があるので紹介します。

< レバニラの作り方 >

  1. 豚レバーに片栗粉をまんべんなく付けます。
  2. そのままフライパンに並べていき、弱火で焼いていきます。※この時点ではまだ油は使いません。
  3. 両面焼いていき、血が出なくなったらニラともやしを投入します。
  4. 投入後、強火にして100ccの水を入れます。※レバーにまんべんなく水をかけていくことがコツです。水がまんべんなくかかったら、レバーに付けた片栗粉が透明になります。
  5. 野菜がしんなりして、ある程度水分が蒸発したら火を止めます。
  6. 塩コショウなどお好みの味付けをします。
  7. お皿に盛りつけてから、ごま油を少々たらします。

これで美味しいレバニラの出来上がりです。

お皿に盛りつけてからごま油を入れるのがポイントです。

良質な油の摂取方法です。

詳しくはこちらの記事で紹介しているのでご確認してみてください↓

豆腐

豆腐は大豆プロテインがたくさん含まれています。

特に木綿の方が大豆プロテインの含有量が多いのでおすすめです。

夏は冷ややっこ、冬は湯豆腐で美味しくいただくことができます。

油を使わない厚揚げ豆腐もけっこういけると思います。

なめこと一緒に味噌汁にしても美味しいと思います。

その時は出汁をしっかり取って、減塩みそを使ってください。

たくさん食べたら塩分取りすぎになる傾向があるので注意しましょう。

納豆

納豆は毎日食べましょう。

納豆菌は腸内環境を整えてくれる働きがあります。

抗菌作用

抗生物質が見出される以前は、赤痢、腸チフス、病原性大腸菌などの増殖を抑制する作用があることから、腹痛や下痢の治療に用いられていた事がある。この抗菌作用はジピコリン酸による物であることが報告されている。

Wikipedia 納豆菌から引用

キムチや大根おろしを入れると味変になって食べやすくなります。

納豆汁も美味しいです。味噌汁に納豆を入れる感じです。

その時はひきわり納豆を使うと良いです。

もやし

もやしは栄養価の高く手軽に料理できるのでおすすめです。

タンパク質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

詳しくは下記の記事を参照ください↓

常備菜としてもやしのナムルを作ったり、塩コショウで味付けしたモヤシ炒めもシンプルで美味しいです。

レバーで紹介したレバニラに入れても良いと思います。

葉物野菜

キャベツやレタス、白菜などが定番だと思います。

キャベツやレタスは生で食べても美味しいですね。

生で食べるときは味付けが重要になります。

ドレッシングをかけるのではなく、オリーブオイルとバルサミコ酢で食べるのが健康に良いのでおすすめです。

このオリーブオイルは1回に使用する分量ごとに小分けされているので、毎回新鮮な状態がキープされています。一番おすすめのオリーブオイルです。

白菜はキムチにしても良いと思います。

きのこ類

豆腐と一緒にゆでて食べたり、きのこだけで炒めたりしても良いと思います。

バターを少量付けても大丈夫です。

バターはカロリーが高いので付けすぎに注意してください。

食べる直前にバターを入れることで風味も良くなります。

もずく

もずくはかなり低カロリー食品です。

カロリーはもやしの10分の1しかありません。

もずくもビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

詳しくは下記の記事を参照ください↓

三杯酢で食べても良いですし、生野菜と和えても美味しいです。

ナッツ

小腹がすいたらナッツを食べましょう。

無塩ナッツがおすすめです。

良くかみしめながら食べると、だんだん甘みを感じるようになります。

スポンサーリンク

ダイエット中にお腹いっぱい食べても大丈夫な食材のまとめ

ダイエット中でも食べても大丈夫な食材は意外とたくさんありましたね。

食事はバランス良く摂取することが大切です。

今回紹介した食材を中心にバランスの良い食事を心がけていきましょう。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました