ガン探知犬は負担なしでがんをステージゼロで早期発見できます【最新技術】

美容と健康
美容と健康
この記事は約5分で読めます。
ふくちゃん
ふくちゃん

人間ドックを受診している人を対象にしています。

この記事を読み終わると、ガン探知犬検査のすごさがわかります。

体にかかる負担なしでステージゼロでがんが見つかる最新技術を知ろう!

スポンサーリンク

ガン探知犬について

ガン探知犬について紹介していきます。

日本ではまだあまり知名度が高くありませんが、欧米などの先進国では人気があるようです。ガン患者の呼気に含まれているガン特有のわずかなにおいをかぎ分けることができます。そのため、ガン患者を特定することができます。

ごくわずかなにおいにも反応するため、ガンを早期発見することができます。なんと、その 的中率はほぼ100% の確率で特定することができるようです。

 

ふくちゃん
ふくちゃん

これはすごいですね!

スポンサーリンク

日本人のガン死亡率

日本人のガン患者数は年々増加しているようです。

出典元:国立ガン研究センターガン情報サービス

特に60歳以上の男性のガン死亡率は女性より顕著に高いようです。

出典元:国立ガン研究センターガン情報サービス

スポンサーリンク

ガン探知犬検査は負担なしでステージゼロで早期発見できます!

ガン探知犬検査は身体の負担なしでステージゼロで早期発見できます!

「トリプルゼロ」と言われています。

  • 身体にかかる負担がゼロ
  • ステージゼロ
  • 誤診ゼロ
ふくちゃん
ふくちゃん

良いこと尽くしですね。

スポンサーリンク

ガン探知犬の特殊能力

ガン探知犬は幼少期から特殊なトレーニングを受けています。その結果、人間の100万~1億倍以上もの嗅覚を持つようになります。この能力によって、正確にガン患者を特定することができるようです。

ガン患者の呼気の中にどんなに強いほかのにおいがあったとしても、ガンの臭いだけに反応するようです。

スポンサーリンク

ガン探知犬検査の目的

主な目的はガンの早期発見です。治療ができるうちにガンを見つけることはとても重要なことです。なんとステージゼロで発見された実績があるようです。

ふくちゃん
ふくちゃん

ステージゼロで発見できるなんてすご過ぎます!

一昔前はガンがだいぶ進行してから発見され、臓器を失うケースが多かったようですが、臓器を失ってしまっては寿命が縮んでしまいます。

症状がでてからでは手遅れになるので注意しましょう!
スポンサーリンク

見つけられるガンの種類

内臓系のガンから白血病まですべてのガンをステージゼロで発見することができます!

スポンサーリンク

ガン探知犬検査にかかる費用

費用は1回あたり38,000円(税込み、発送費込み)です。年1回定期便では35,000円(税込み、発送費込み)と少しお安くなります。

これをどう見るかは、個人の価値観によるものだと思います。もし、万が一ガンが進行してしまった場合、手術や治療に高額治療費を払うことになります。ガン探知犬検査は早期発見することが可能です。それ相当の価値があるのではないでしょうか。

10年間毎年受診しても38万円です。

1年に1度の検査が好ましいですが、費用が気になるということであれば2年に1度にすれば、10年間で19万円になります。

自分の命が助かることを考えると、高くないのではないでしょうか。生命保険にかかる月額料金を下げてでも受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

ガン探知犬検査の手順

検査はものすごく簡単です。呼気採取バックに呼気を入れて、ポストに投函するだけです。

痛みや体に負担になることは一切ありません。
スポンサーリンク

ガン探知犬検査の判定結果

判定結果は下記の3種類あるようです。

  • 【がんの疑いなし】現時点では、がんに反応しておりません
  • 【がんの疑いあり】現時点では、がんの疑いがあります。
  • 「偽陽性」または「偽陰性」または「前癌状態」の可能性がある場合は、
    【現時点では、がんに反応をしておりませんが、定期的な検査をおすすめ致します。】という判定結果にになります。

公式ホームページから引用

スポンサーリンク

ガン探知犬の犬種

ガン探知犬はすべてラブラドールレトリーバーです。しかも全部メスで、現在は日本に5頭います。

  • エスパー 誕生日:2008.5.28 カラー:ブラック メス
  • ビー 誕生日:2010.12.24 カラー:イエロー メス
  • サラ 誕生日:2012.10.6 カラー:ブラック メス
  • リナ 誕生日:2013.5.21 カラー:ブラック メス
  • ラブ 誕生日:2010.12.24 カラー:ブラック メス

ラブラドールレトリーバーは、盲導犬や介助犬でも活躍している犬種です。ガン患者を見つける確率を下げないために、一日に働く時間がちゃんと制限されているようです。

スポンサーリンク

ガン探知犬検査の活動場所

日本では2016年から導入され、2019年時点では千葉県館山市のみで活動されているようです。

ふくちゃん
ふくちゃん

広く展開されるためにも、みんなにもっと知ってもらう必要があります。

スポンサーリンク

ガン探知犬検査とほかの検査との比較

人間ドックで行う胃われている胃のバリウム検査では、ステージ3などかなり進行した状態で発見されます。そのため、治療ができないケースが多く、臓器を切除することになってしまうようです。こんなことになってしまっては、手術が成功したとしても寿命が大幅に縮んでしまいます。

胃カメラや内視鏡検査もありますが、体にかかる負担が軽いとは言えません。

スポンサーリンク

ガン探知犬は負担なしでがんをステージゼロで早期発見できます【最新技術】の まとめ

年々ガン死亡率が上昇しています。自分はまだ大丈夫と思っていても、やがてガンを患う可能性が高いでしょう。

いつガンが発症するかわからないので、ガン探知犬検査を毎年受診することをおすすめします。最新の検査を利用して健康な身体を維持しましょう!

タイトルとURLをコピーしました