竹炭の特徴を紹介します!水道水からミネラルウオーターを作ろう

美容と健康
美容と健康
この記事は約3分で読めます。
ふくちゃん
ふくちゃん

健康志向の方におすすめです。

竹炭を生活に取り入れることでより健康的に過ごすことができます。

この記事を読み終わると竹炭の利用方法がわかります。

竹炭の性質と復活方法を紹介しています。

スポンサーリンク

竹炭の特徴

竹炭の特徴を紹介します。炭にはいろんな種類がありますが、特に竹炭は小さい穴(=多孔質)が多いと言われています。この穴が水分や異物を吸着する働きがあるので、竹炭は濾過性が優れていると言えます。

調湿 – 多孔質であることから、周囲の空気中水分を吸着し、乾燥時に吐き出す能力をもつ。800–1000°Cで焼き上げたものが効果的であるとされている。効果は半永久的といわれる。

水質浄化・ミネラル放出 – 水道水に入れることにより、カルキ臭・塩素[1]を吸着する。また竹炭に含まれるカリウム・マグネシウムなどが放出される。飲料水・炊飯や料理の際に使われる。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/竹炭

その他にも優れた性質がありますので、詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

竹炭の性質

炭には無数の小さい穴(=微細孔)が開いています。この穴は、もともと素材に含まれている水分や空気が焼いている時に蒸発して自然とできたようです。

この無数の小さい穴によって、空気中に浮遊している匂いの原因菌や水分が吸着され、脱臭や除湿効果が生み出されます。竹炭は、この穴が他の種類の炭よりも細かくて数が多いため、吸着する能力が優れている性質があります。

スポンサーリンク

竹炭を復活させる方法

使い続けると、吸着機能が失われますが、天日干しや煮沸することによって、復活することができます。竹炭は天日干しをすると、水分を吐き出す能力があり、乾燥時にはパチパチ音がなります。

水分が抜けるとやがて静かになります。静かになったら復活です。何度も繰り返し使うことができるのでとても経済的です。

スポンサーリンク

水道水が大変身!

竹炭を使って、水道水からミネラルウォーターを作ることができます。その作り方を紹介していきます。

下処理

まず、竹炭を下処理します。下処理の仕方は、まず、優しく水洗いをします。そして、水洗いした竹炭を煮沸消毒をします。これで下処理が終わりました。

ふくちゃん
ふくちゃん

とても簡単ですね!

使う前に、下処理を行っておくことで、周りに付着している細かい炭や雑菌などを取り除くことができます。

ミネラルウォーター作成

下処理した竹炭を水の中にそのまま入れます。分量は水道水1Lに対して、竹炭100gです。

ふくちゃん
ふくちゃん

1晩漬けておくだけで、ミネラルウォーターができあがります。

水道水の中に含まれている、塩素や不純物が竹炭に吸着されます。そして竹炭からミネラルが溶解するので、ミネラルウォーターになります。

スポンサーリンク

おすすめの活用方法

その他にも、おすすめの活用方法がありますので紹介します。それはフローリンの床に入れることです。

フローリングを貼る前に行わないといけないので、タイミングが合わないとできませんが、竹炭が室内の湿度を調整してくれるので、とても居心地の良い空間が自然と作り出されます。

また、床下のカビ対策にもなり、白アリが発生するのを防いでくれます。白アリは、じめじめした湿気の多い場所に発生するので効果的です!

スポンサーリンク

竹炭の特徴を紹介します!水道水からミネラルウオーターを作ろうのまとめ

最近、住宅から有害なアレルゲンが発生することがあるため、シックハウス症候群に悩まされる人が増えています。家にいるときに、風邪のような症状になることはありませんか?

心当たりある人は、シックハウス予備軍かもしれません。そうなる前に、竹炭を使って予防してみませんか。自然のものを利用して、生活に役立てることは、すばらしいことですね。

タイトルとURLをコピーしました