ネイティブが使う付加疑問文を紹介します【実用英語はシンプルだった】

英語
この記事は約3分で読めます。
ふくちゃん
ふくちゃん

英語を勉強している人やこれから勉強しようとしている人を対象にしています。

この記事を読み終わると、ネイティブが使う超簡単な付加疑問文がわかります。

日本で生活しながら独学で英語の勉強を20年以上続けてきました。

そのため、日本で英語のスキルを上げる難しさを誰よりも把握しているつもりです。

この道20年以上の私が、英語の勉強に役立つことをまとめていきます。

英語のスキルを向上したい人のために、最短で習得できる方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

中学で習う付加疑問文

中学校で付加疑問文を習うと思います。

~ですよね?ってやつです。

例文をあげますと、

You went shopping yesterday, didn’t you ?

あなたは昨日、買い物に行きましたよね?

これは、たしか買い物に行ったって聞いたような記憶があります。みたいなニュアンスです。不確実な要素があるとき、簡単に言えば、自信がない時、断言できない時に使います。

この付加疑問文ですが、英会話で出てくると、初めはちょっと混乱することがあります。

えーっと、動詞なんだっけ、あれっ、主語は何ってなるときがあります。

筆記試験で時間かけて解くときは、問題ないのですが、英会話はスピードが速いですから、考えている時間はありません。

スポンサーリンク

ネイティブが使う付加疑問文

ネイティブにも付加疑問文は若干、面倒だと思われているようです。

その証拠に、英会話では、中学校で習う付加疑問文が使われることが少ないです。

その代わりに使われている魔法の単語があります。

それは、「right」です。

正しいっていう意味です。

それでは、例文を作って解説していきます。

You went shopping yesterday, right?

あなたは昨日、買い物に行きましたよね?

意味はまったく同じです。

なぜ魔法の単語かというと、何にでも使えるからです。

もう一つ例題をあげます。

It is your pencil, isn’t it ?

これはあなたのぺんですよね?

もちろん、この文章にも使えます。

It is your pencil, right ?

意味はまったく同じです。

主語、動詞にかかわらず、全部「right」が使えます。

とても便利ですね。これで魔法と言われている意味が分かったと思います。

ほとんど「right」が使われていますが、学校のテストでは使わない方が無難ですね。「right」だけでは試験になりませんから。まれに使われることがあるので、一応覚えといてください。役には立ちますので。

スポンサーリンク

ネイティブが使う付加疑問文を紹介します【実用英語はシンプルだった】のまとめ

ネイティブが使っている、実用英語を紹介しました。

これを知っているだけで、けっこうシンプルになり、ムダな悩みが減ると思います。

こういった簡単な文章を使って、どんどん英語を発信していきましょう!

この話は私がDMM英会話を受講し始めたばかりのときに、フィリピンの講師から教えてもらいました。もうかなり前の話ですが、印象的だったので鮮明に記憶に残っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました